某質問サイトで「身長が低いは遺伝なのでしょうか」という質問が多くあります。

「遺伝」というものが「絶対」だと思い込んでしまうのは、素人にはわからない内容が多すぎる事に原因があると思います。

身長の悩みは大人のほうが深刻に考えています。

一部には「身長何センチから」と決まってしまっている職業もあり、あきらめなければいけないこともあるからでしょうか…。

大人になって悩むより、成長期に身長を伸ばしてあげられるのであればしてやりたいのが親心だと思います。

遺伝が大きいと思われがちな身長。

ですが、遺伝の影響より成長期の生活習慣で大きく変わってくることがわかっています。

それでは、どのような習慣を心がければいいのでしょうか。

 

過去の日本人の平均身長から考える

 

今と昔の日本人の平均身長は60年間で11センチも伸びています。

戦後すぐの成人男性の平均身長は160.3センチ

現在の成人男性の平均身長は171.2センチ

なぜ11センチも身長が伸びているのでしょうか。

それは戦後と現代での食生活の変化にあります。

戦後に入り欧米型の食生活に変化し、肉食が増えたことが大きな理由と言われています。

身長を伸ばすには、たんぱく源をしっかりとることが大事です。

ただ、現代人のたんぱく源は動物性に偏っています。植物性のたんぱく質より動物性のたんぱく質のほうが摂取しやすいためです。

動物性のたんぱく質には資質も多く、肥満や生活習慣病の原因にもなります。

なので、植物性のたんぱく質もバランスよくとる必要があります。

 

サプリをうまく活用して栄養バランスを整える

栄養の話は難しく、栄養士なんて資格があるくらいですから調べたり考えたりするのは大変です。

そこで、子供用のサプリメントをうまく活用して栄養バランスを整えてあげるのが簡単です。

ですが、サプリメントは「副作用」が心配な親御さんも多いと思います。

 

そこで「栄養機能食品」のせのびーるがオススメです。

身長を伸ばす効果はもちろん、食品ですので副作用はありません。

しかも、体の中から調子を整えてくれる作用のある栄養素もふくまれるため、

体調を崩しやすい子供さんにはとても強い味方になってくれると思います。

これからますます寒くなり、インフルエンザも流行りだします。

体の中からお子さんを守ってあげたいですね!

公式ページでお得情報や栄養などの詳しい情報を見てみてください♪

 

    ↓↓公式ページはこちら↓↓

せのびーる 公式ページ